Warning: Use of undefined constant _sortFiles - assumed '_sortFiles' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/myguam/public_html/cath/wp-content/themes/DigitalGallery-Black/plugins/featured-images.php on line 465

聖堂内のご案内

簡単な見取り図と説明です。

【1】ニッチと司教座
聖心のイエスキリスト像 十字架 サンタマリアカマリン像 ナザレのヨセフ

【2】天蓋と祭壇
天井から吊るされいる木製の円、その下に最も聖なる場所として祭壇が位置する。

【3】サンクチュアリ
聖職者によってミサが執り行われる領域。
サンクチュアリ下には歴代大司教3名が眠る墓がある。

【4】ウンブラクルム(教皇傘)
ローマ教皇の訪問の際に開かれた傘。 1981年に当時の教皇パウロ2世により特権を受けバシリカ大聖堂と称す。

【5】サンビトレス司教像
1669年にグアムに来島。カトリック教を布教。

【6】ステンドグラス(左前方)
2001年にチトサントスによってデザインされた。 旧約聖書や聖母マリア出現の場面を描いている。

【7】ロヨラの聖イグナチオ像
15世紀後半、スペインバスク地方のロヨラ城に生まれる。 イエズス会の創立者である聖人。

【8】パドヴァの聖アントニオ像
12世紀後半、ポルトガルのリスボンに生まれる。 36歳の若さでなくなった聖人。

【9】ステンドグラス(右前方)
新約聖書や福音書記者、聖母子像が描かれている。

【10】アッシジの聖フランチェスコ像
12世紀後半、イタリアのアッシジに生まれる。フランシスコ会の創立者である聖人。

【11】信者席

【12】十字架の道行き (1−7場面)
イエスキリストが捕らえられてから埋葬されるまでの14場面。

【13】十字架の道行き (8−14場面)
イエスキリストが捕らえられてから埋葬されるまでの14場面。

【14】聖ロレンソ・ルイス像
フィリピンでの最初の聖人。聖トマス西と15殉教者の一人。日本にて殉教。

【15】ピエタ
「慈悲」の意。磔刑に処された後十字架から降ろされたイエスキリストを腕にだく聖母の像。

【16】ステンドグラス
イエスキリストの昇天の図。

【17】告解室
自罪を聖職者へ告白し、その罪における神からの赦しと和解を得る儀礼を行う部屋。

【18】ベルタワー(鐘楼 )
1日に3回メロディのある音が鳴り響く「農夫の祈り」にリズムをつけたもの。 朝6時、正午と夕方の6時に聴く事ができる

【19】会議室
ミサの際の予備室。 または教会行事のコミュニティの場。

【20】ギフトショップ
カトリック系列の書籍やロザリオ、メダイ、祈りのカードやその他のギフトアイテムを販売。
月ー土(10時ー6時) 479-6279

【21】カフェ

カリビアンスタイルのレストランカフェ。
月ー土(10時ー6時) 475-2233

【22】アプロン大司教の紋章

【23】ローマ教皇の紋章

【24】カマリン像のオベリスク

【25】正餐礼拝堂
信者の最も静粛な祈りの場。 祈りを目的としない立ち入りはご遠慮ください。

Comments are closed.

 

バシリカ大聖堂

1668年:サンビトレス神父がグアムに上陸。1699年に初めのカトリック教会が建てられた。 グアムにカトリックが布教されてから今年で339年目となる。当時の酋長キプアがサンビトレス司教に教会の土地を提供。カトリック信者となったキプア酋長の遺体は大聖堂内に安らかに眠っている。

現在のカテドラルが建築されるまでに台風の被害(1671年)や地震(1909年)また第二次世界大戦の爆弾投下(1945年)によって破壊されている。

大聖堂とは司教座のある聖堂または教区の母教会の意味。バシリカの名称は1985年、教皇ヨハネパウロ2世の訪問の後、教皇から特権を受けバシリカ大聖堂となる。

ショップ & ミュージアム

《ギフトショップ》 大聖堂の脇にあるギフトショップ。奇跡のメダルやルルドのロザリオ、また可愛い天使の置物などが注目商品。営業時間:月〜土(10:00-18:00)

《バシリカカフェ》 ギフトショップ入り口の小さなカフェ。 風味豊かなカリビアンスタイルのディッシュがメイン。ドリンクも豊富でトロピカルフルーツのスムージーはおすすめ。営業時間:月〜金(10:00-16:00)

《ナショナル・ミュージアム》9月21日にリニューアルオープン。 入館は予約制で通常は月〜金(8:30〜16:00)開館している。詳細はギフトショップにて問い合わせください。

その他

《ピゴ墓地》大聖堂よりマリンドライブを南下5分。 アニグアという町あるカトリック墓地。 日本の建設会社も携わり、2004年12月にリニューアルされた。入り口には9フィートのイエスキリストと12人の使徒の石像が立ち並び、夜には美しくライトアップされる。

《聖テレジアチャペル》2006年に建設された蒼いタイルの美しいチャペル。祭壇の聖テレジア像は美しい。

《チャンセリー》(教区所管)フィリピン湾が全貌できるアガニャの丘の上にある事務所。庭がきれいに手入れされており、カマリンの石像が海を見渡している。