Home > グアムもん(おすすめアイテム) > 働きモノの蜂さん。。。

働きモノの蜂さん。。。

April 14th, 2012

グアム産のハチミツを買った!

グアムにも養蜂家がいてハチミツを作ってるのだ!

なんと言っても今はマンゴの季節でしょう?

マンゴハチミツがあるのだ!

日本から持って来なかった後悔してるモノって

高枝切りばさみ

これほど重宝するモノはない!

。。。と胸はって言っちゃう。

ちなみに我が家にマンゴの木はない。

(だからこっそり活用するしかない)

しかし。。。

盛り茂ったハイビスカスが玄関先にある。

これを刈り込むのに

近づきたくないのである。

住居としているハチたちに威嚇されるから。。。

(高枝バサミで遠方から攻撃したい)

グアムの蜂は働き者なのだ

気がつくと玄関の戸や窓に巣を作ってる。

壊そうとすると親バチが飛んで来て怒る。

ジョーギ使って壊してるんですけど、

最近はそれ持って外に出ただけで蜂が飛んでくる。

(頭いい?)

さてさて話もどって。。。

ハチミツの種類はグアムらしく

「マンゴ」「バナナ」「タンゲンタンゲン」がある。

その他はいろんな花が混ざった「オリジナル」のハチミツがある。

質問してみた。

「どうやってハチは決まった花からハチミツ取ってくるの?」

こいつバカか?みたいな顔された。

「ハチの習性です」

だから分かんないって!

あなたたちマンゴから、バナナから、そして残りのキミたちは適当にその辺から。。。

ってどうやって教えるの?

ワタシの知恵バイブル「ウィキ」で調べました。

移動養蜂と定置養蜂

定置養蜂が同じ場所で次々に咲く異なる種類の花の蜜を集めるのに対し、移動養蜂は特定の花の開花時期に 合わせて国内各地を移動する。近年では定置養蜂として果樹の受粉目的のほか、定年退職後の元サラリーマンなど養蜂業に縁のなかった個人が自宅の庭やベランダに 設置した巣箱で飼育し、蜂蜜も自家消費する分だけ採るといった「趣味の養蜂」が増えている。一方で、生産コストの増大や養蜂業者の高齢化などの問題により 移動養蜂は減りつつあるのが現状である。 一種類の花の開花時期のピークはそれほど長くなく、ミツバチは一ヶ所に集中して蜜を集める習性があるため、特定の花の蜜だけを集め、「xxx花蜂蜜」と言 うものを得ることが出来る。

。。。ほんとだ。。。

習性って書いてある。

バカでごめん!

ちなみに「タンゲンタンゲン」って?

ハワイで「Koa Haole」と呼ばれている。

実は食用に、枝は薬用、そして種はレイなどの装飾に使われる

捨てるところない植物

「陸のクジラ」なのである。

グアムでもBBQの薪に使われたり、薬用効果もあるのだ。

ところがどっこい日本!

「ギンネム」と呼ばれ

世界の侵略的外来種ワースト100

に入ってる!

しかも。。。

若葉や芽に「ミモシン」という有害アミノ酸を含有してて

食すると

脱毛するらしい。。。

小笠原諸島に取り残された兵隊が本種の種子を食べ、全員残らず丸ハゲになったという逸話がある。〜ウィキより〜

ところ変われば。。。

な話ですね!


ーーーー

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ
↑押してくださいね♡

↑こちらもね♡

Comments are closed.