Home > 今日のつぶやき > 鬼がいたっ!

鬼がいたっ!

April 10th, 2012

まだワケのわからない子供の頃、

現実とイマジネーションがごっちゃな時の話ですが。。。

絵本に出てくる「オニさん」。。。

(なぜ、”さん”付けなんでしょう?)

「ホンモノを見た」とずっと思い込んでた事がありました。

都内の電車の中、

目の前に赤い顔、赤い縮れ毛、そして青い目のでっかい体、まさに絵本の描かれてる姿!

ツノはなくて、洋服着てるけど、

ぜったいにオニだよ!オニ!

なんで周りの人たちは驚かないんだろう?

もしかして気づいてないんだろうか?

ワタシだけに見えてる?

怖さこらえて凝視してたら。。。

オニさんが笑った!

ひぇぇ〜っ!喰われる!

。。。ってずっとずっと思ってたんです。

もしかしてそれが、生まれて初めて見た外人さんだったのかもしれない。

ーーー

今日のジャパン・タイムズの記事

「Book is behind bullying of mixed-race children」

「にんじんさんがあかいわけ」(著:松谷みよ子)

この本の内容で人種差別を受けたという話。

松谷みよ子せんせいと言えば、子供の頃にお世話になったなぁ、数々の本で。

しかし、この「にんじんとごぼうとだいこん」は昔話で、

決して人種差別を示唆するものではない。

今のこの時代だから「差別」と取り上げられたのかもしれない。

たしかに肌の色の違いは意識してしまう。

「色白いね」とか「黒いね」って個々の基準で識別している。

識別しても差別はしてはいけない。

もし心の奥底、その気持ちがあったとしても

それを言葉や動作で表現してはいけない。

ーーー

前に日本で賃貸物件を探していた頃、

同居人が外人だというと、半分くらいの不動産屋さんが「黒人の方ですか?」って訊いてきた。

びっくりした!

日本で通用してもグローバルにアウトな質問!

この何気ない質問で。。。

外国ならさんざんな事になる!

ぜったいに海超えるな!一人鎖国してください!

。。。と言いたい。

ーーー

一人鎖国するべき人たちは。。。

ワタシの身内にもいる。

叔母はアフリカ系の人たちを「土人さん」と呼んでいた。

フツーに差別意識もなく色の黒い人が「土人さん」なのだ。

大人がそうだと子供のワタシにも影響した。

そして最もヤバイのはワタシの母だ。

私有地を近道のために「通り抜け」する人たちがいた。

それにアタマにきてた母。

近所にはアフリカ系の住民もいた。

ついにその言葉は放たれた。

「黒い人は特に入らないで欲しい!」

その頃もう大人だったワタシは母を思いっきり叱った。

返って来た言葉がこうだもの!

「だって嫌なモノはイヤなんだから、しょうがないでしょ!」

。。。子供みたいだ。。。

差別はいけないっ!

でも彼女の差別意識にもナゾがあった。。。

イイ年してマイケル・ジャクソンの大ファンであった。

彼が出ているTVは全部録画し、自分の夫よか好きらしかった。

ーーー

「差別はダメ」「いじめはダメ」ってどうやって子供に教えるのか?

「人間は平等なの」「肌の色が違っても仲良しよ」なんて。。。

きれいごと並べても、現の社会はそうでないことくらい、

子供たちも知っている。

戦争が起き、貧困が蔓延し、

少数派民族が殺されたりとみ〜んな大人がやってる事を

子供に「ダメ!」って?

きちんとしたダメな理由がないと、学ぶ事はできないだろう。。。

ーーーー

ワタシの場合。。。

高校生時代、「エバーグリーン」という、お酒ではなく「消毒用のアルコール」を混ぜた飲み物が出回ってた。

自動販売機でお酒が買える所ではなかったし、お店でも未成年じゃ買えない。

ちょっと大人を体験したかったワタシ。。。

飲んだんですゎ、消毒用を!

それを何気に母に話してしまった。

もし彼女が。。。

「未成年なのに飲酒なんかして!」って理想的に怒ったとしたら、

その後もきっと飲んでただろう。。。

でも彼女。。。

「こっわ〜い!それって失明しちゃうんだよね!こっわ〜!」と。。。

それって効いたのだ。

また一時期、「気を失う」のがクセになってた事がある。

ちょっとした痛みで気絶してしまってた。

「痛い!あっ血だ!」って思った瞬間、耳鳴りがして

視野が狭まり、倒れてしまったのだ。

母は「そのくらいの痛みでいちいち気絶してたら、子供産めないと思うよ〜。お産の方がもっと痛いし。どうする〜?かわいそう!」ときた。

それから(あまり)気絶しなくなった。

ーーーー

話かわって。。。

外で通じない日本のアウトはいっぱいあるよねぇ。

以前TVで芸人さんが、(イギリスだったかな?)海外ロケで「子供のおちんちんを触ってみたくなって、触った」と言い、他のゲストも笑って聞いてた。

やばいよ〜!やばい!

犯罪だよ。ムショ生活だよ!

いやぁ、よくぞ無事に帰国できたもんだ。

ーーー

なんだかんだ言って、

日本だけでなく、ここグアムも差別はある。

カースト制度みたいのがある。

小さな島なのに「村差別」もあります。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

↑押してくださいね♡

↑こちらもね♡

Comments are closed.