Home > 今日のつぶやき > 外国語習得のススメ。。。(特に英語ね!)

外国語習得のススメ。。。(特に英語ね!)

April 6th, 2012

むかぁし、友達が「バイリンガルってのはさ、すごいんだよ!コンピュータにハードディスクが2つ付いてんのと同じくらいスゴイんだよ」って言ってました。

なるほどねぇ〜。

「日本語で話してる自分」と「外国語で話してる自分」が切り替えられるそうな。。。

なるほどねぇ〜。

手始めはなんと言ってもメジャーな英語ではないでしょうか?

とりあえず、一応どこでも通じる無難な言語。。。イングリッシュ。

自分、フランス語の勉強を始めた時にね、

会話力を試しにフランス旅行に行った。

さんざんだった。。。

コーヒーしか注文できない。

トイレも探せない。

迷子になる。。。

ほとんどの食事はマクドナルドで、

逆に英語が上達してしまったのである。

(フランス人ってさぁ。。。英語で質問してもフランス語で返してくんだよね、怒)

ワタシが思うに。。。

現地の人と深くコミュニケーションを取りたいなら、

その現地語を習得しろ!

。。。なのだ。

「言葉通じなかったけどさ、なんとかコミュニーケーションとれたよ」

ってのは、外の皮一枚の話。

お互い理解できないから、妥協がはいり「こんなでイイかな?」と適当な笑みで対応する。

「いい人だったよ〜」って。。。

中身は悪党かもしれないけどね。

かたことの「コンニチワ〜」+「笑顔」=「いい人」となってしまう。

ここグアムは英語圏。

母国語がままならないのに英語がんばってます、ワタシ。

頑張ろうと思った時にしなくなったのは。。。

辞書をひくこと。

危険なんだよ!辞書って。。。

「バカ」ひとつ調べても、

いっぱい載っててさ、

自分の表現したい「バカ」がどれなのか?

「アンタほんとにおバカなんだから〜」って軽いノリで言いたいところ、

使い方を間違えるとぶん殴られる恐れあり。

「おバカ、あはは」にStupidは使えない。

どこでどの「バカ」を使用するか?

その適材適所を知るには、その言語に揉まれて体験しないと分からないものである。

辞書を引いて友達に手紙を書いてた頃の失敗、

「昨日は友達とどんちゃ騒ぎのパーティでした」

。。。と自分では書いたつもりでした。

ところが彼女には「乱交パーティ」と伝わってしまい、

以来お返事をもらってません。

ーーーー

グアムは英語圏と書きましたが、

本来は「チャモロ語」というれっきとした言語が残ってる。

でもマイナーになりつつある。

一部の人のみが会話に使用している。

特にお年寄り。。。

これもまた「イイ言語」なのである。

チャモロ語で高齢者とコミュニケーションを取り、

一緒にシニアセンターでビンゴ大会に参加する。

ちょっとあこがれてるのだ。

グアムの高齢者は元気で面白い人が多い。

好きなのだ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ 国際生活へ

↑押してくださいね♡

↑こちらもね♡

Comments are closed.