Archive

Archive for the ‘グアムよつあし物語(犬&猫)’ Category

日本へ旅立ったグレイハウンド

March 10th, 2009

まず。。。

《現状報告》

11月に突如ドッグレース場が閉鎖して以来、

犠牲となってるグレイハウンドたち。

ドッグレース場は記録も取らずに引き取りたい人たちに

勝手にグレイハウンドたちを手放した。

結果。。。

飼えなくて手放され、路上やジャングルで確保された

グレイハウンドは約50匹。

うち死んでしまったのは(分かっているだけで)5匹。

グレイハウンドを引き取った人たちは

ほとんど犬種について分かっておらず、

「番犬になる」と思って引き取って行ったのだ。

しかし、彼らはちがう。。。

あまり吠えないし、人なつこい「愛玩犬」なのだ。

未だかつて何匹のグレイハウンドがドッグレース場に

残っているかは分かっていない。

また何匹が路上もしくはジャングルに捨てられたのか

定かではない。

現在、毎週8匹ずつが本国のグレイハウンド救助団体に輸送されている。

GAINのケージに空きができるたびにドッグレース場から引き取り、

健康を保って本国へ送り出すのだ。

新聞紙上、ドッグレース場のオーナーは

「1匹のグレイハウンドに付き$50の補助金を出す」

と大々的に広告していた(いる)が、

未だかつて一銭も支払われていない。

。。。で、本日はじめて

グレイハウンドの1匹が

日本の家庭へと送られた。

日本の検疫基準のため、40日間は島から出れなかったのだが、

その間、大切にケアされ、GAINをはじめ、

一時期里親となった家庭から愛情を受けて

今日の出発を迎えた。

名前はマギー。

全般的に世話をしてくれた、デイブとノニ。

本当にありがとう。

そして、マギーを引き取って育ててくれる

日本人の方。

やさしさと決断に感謝です。

(今頃、日本でご対面かな?)

もう一匹のグレイハウンドは17日に

日本へ飛び立ちます。

その子はエビータ。

エビータを引き取ってくれる家族。。。

エビータに桜を見せてあげてねってお願いしてる。

この始めての海外輸送劇。。。

長くていろいろつまづきがあったけど、

一生懸命やってくれた、グアムのローカルの皆さん。

そして引き取って育ててくれる日本人の方々!

本当にありがとう!

グアム⇆日本の心優しい人々との、今回の出会いは貴重でした。

空港で手続きを待つ間もデイブさんはずっとマギーに話しかけてた。

マギーの首輪は手作り。とあるローカルの人が旅立つグレイハウンドのために

一つ一つ作ってくれた。内側に旅立つ「グレイハウンドの幸せ」を祈り、メッセージが刻まれている。

デイブさんとチーム組んでグレイハウンドのお世話をしてるGAINのトリース。

出発の手続きも一生懸命やってくれたスタッフのひとり。

マギーはエアコンの効いたオフィスでお昼寝開始。

書類の手続きが済み、いよいよ出発へ。。。

いままでお世話になったデイブさんともここでお別れ。

日本の「新しい家庭」でしあわせになるんだよ!

グアムよつあし物語(犬&猫) , , , , , , , ,

グレイハウンドたちの近況(2)

December 28th, 2008
Comments Off

昨日グレイハウンド犬の世話を手伝ってる人に話をききました。

ドッグレース場にはまだ100匹以上残っているそうです。

アメリカ本州にあるグレイハウンドの団体のアドバイスを元にここの慈善団体(GAIN)はグアム島外に引き取りの手段を探していますが、明るい見通しはないようです。
(本州内でもドッグレース場が不景気のため閉鎖してしまい、引き取り手を探している状況だそうです。)

生き物としてではなく娯楽商品として扱われてしまったこのグレイハウンドたち。
商品価値をなくしてしまった今、どうなるのでしょうか?

最近はまた別の問題が発生してます。

以前グレイハウンドを引き取った島人たちが手放しているようです。町中でさまよっているグレイハウンドを数多く保護しているとの事。先日は交通事故にあい、怪我がひどかったので始末されたそうです。

番犬にと思い引き取っても、グレイハウンドは室内犬。暑さに弱いんです。

「こんなはずじゃなかった」って思い手放すのではないかとの事です。

GAINではずっと飼えなくてもいいので一時的にあずかって世話をしてくれるをも募集してます。

またグレイハウンドの食事代などの募金も助かるとの事です。

また町中でグレイハウンドをみつけた場合はGAINに連絡してほしいとの事です。

後日GAINのグレイハウンドの写真を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

G.A.I.N (Guam Animals In Need)

時間:9時〜5時(毎日)
電話番号:653−4246
HP:http://www.guamanimals.org/about_gain.php
Eメール:shirley@hitradio100.com

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ人気ブログランキングへ<p><p>

グアムよつあし物語(犬&猫) , , , , , , , , , , , , , , ,

グレイハウンドたちのその後

December 13th, 2008

12月10日に発表されたグレイハウンドたちの近況です。

450(あれ、なんか増えてません?)のうち300匹は狂犬病の予防接種、避妊手術、引き取り手の連絡先の処置もとらずにグアム島民に引き取られたそうです。

ドッグレースが開催されてた頃からきちんとした健康管理がされてなかったと先日の報道にもありました。

グレイハウンドは番犬にはならず外飼いではなくエアコンのきいた室内で飼わなければならないそうです。

困ったことに、一旦引き取っても戻されてしまう犬や先日2件ほど町中をうろついているグレイハウンドが発見されてます。

GAINのメンバーがレース場を訪ねてますが、うち3匹はレース場脇につながれていてえさも与えられてない状況でひどい脱水症状だったそうです。すぐにGAINに連れてかえり、適切な処置をおこない現在は良好。

GAINを通じて現在、約30匹が引き取られていきましたが、残念な事に1匹は怪我をしてしまい安楽死という結果になってしまいました。

現在は15匹を保護してます。

この先のグアム島外に引き取り先として運送できないか検討中らしいです。12月10日にグレイハウンドの関係者とGAINの間で話し合いがもたれ、すべてのグレイハウンド犬はレース場関係者が責任をもって健康管理することと米国への輸送を手配するという事で同意をしています。

追記として、現在104匹がレース場に残されているが先の3匹以外は健康状態もよく、通風の良い状態できちんとした食事を与えられ管理されているとの事です。とりあえず良かったです。

悪評ちらつくドッグレース場に残り今なお犬たちの管理を毎日行っているアネットさんとそのスタッフを応援します。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ人気ブログランキングへ<p>

グアムよつあし物語(犬&猫) , , , , , , , , , , , , , , ,

逃げたのか?捨てられたのか?グレイハウンドの記事

December 4th, 2008
Comments Off

11月25日のマリアナズ・バラエティの記事です。

ドッグレースが閉鎖してから2週間経った頃ですね。

アガニャボートベイスンという船置き場でドッグレース場の首輪をしたグレイハウンドがみつかりました。逃げたのか捨てられたのかは定かではないけど、発見者に引き取られ「GG(グレイハウンドの略)」と名付けられました。

マリアナズ・バラエティ紙はドッグレースの代表者に事情を聞くため電話を何度かかけたが出なかったとの事です。

写真付き記事はこちらです。(英文)

Greyhound found at boat basin

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ人気ブログランキングへ<p>

グアムよつあし物語(犬&猫) , , , , , , , , , , , , , , , , ,

グレイハウンドを救え!

December 3rd, 2008

グアム・グレイハウンド・ドッグレースが閉まってから1ヶ月経ちました。

今日ペットショップのスタッフがグレイハウンドたちのその後の話を教えてくれました。
彼女が最後ワンチャンたちを見たのは1週間前です。

250匹いたうち半分は引き取られていきましたが、まだあと100匹はレース場にいるとのこと。

もちろん引き取り手を探していますが、グアムの悲しいところはその情報が広く行き届かない!

何匹かはG.A.I.Nで引き取り手を待っています。

もうすでに閉鎖後に死んでしまったワンチャンもいるそうです。

グレイハウンド種というと飼うのが大変そうに思うかも知れませんが、おだやかで室内犬として最適だそうです。(ただし他の小動物を追っかけてしまうので共飼いはおススメできないそう)

ドッグレース場の電話は通じず、唯一コンタクトとれてコネクションになってくれるのが、G.A.I.Nとペットショップのみの様です。

問い合わせ先: Faye Varias (G.A.I.N広報部)

688-6294

もう少し詳しく分かったらまた書くつもりですが、

怒っています!

「ギャンブル合法化運動」の時はこれでもかと言うくらい宣伝費かけてたよね?

responsibleguam.comってHP建ててたよね?

ドッグレースのワンちゃんたちの引き取り手さがすのに多少の宣伝かけてもいいんじゃないかと思いますが。

Responsible(責任)ないよね!

やはりお金がないのにコンベンションセンターだのなんだのって彼らの「夢物語」だったんですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ人気ブログランキングへ<p>

グアムよつあし物語(犬&猫) , , , , , , , , , , , , , ,